不用品回収業者へ依頼する際の費用を安く抑える方法

「ふようひん」にも二つの意味がある

巷でよく見聞きすることが多い「ふようひん」という言葉ですが、「不要品」と「不用品」に分けることができます。一見同じ意味なように見受けられますが、実は違う意味なのです。

不要品と不用品の違い

不要品

使用することはできるが、必要じゃないものを指しています。そのため再利用できる品物であることを意味しています。リサイクルショップへ買取を依頼するときは「まだ使用できること」が前提です。

不用品

使用することができず壊れている品物であることを意味しています。回収業者が「不用品回収できます」と言っていたら「故障して使えなくなった物も回収できる」ということになります。

不用品回収業者へ依頼する際の費用を安く抑える方法

作業員

自分で処分できるものは事前に処分

不用品のなかには、ゴミとなるものもあると思います。静岡エリアの業者の多くが不用品の量によって費用を決めていますので、事前にゴミとなるものは自分自身で捨てるなどをして量を減らしておけば、費用を安くすることができるでしょう。

貯金箱

値段交渉

業者によっては値段の交渉に応じてくれる場合があります。成功するための秘訣として、複数の業者へ見積もりをとって、見積金額を見せることです。そうすれば値段を下げる可能性が高くなるでしょう。

自分でできることはやろう

自分自身で行うことができるものは全て実施することが、費用削減に繋がります。まずは依頼前にできることは全て済ませておきましょう。

広告募集中